カウンセリングだけではいじめは解決しないと思っていませんか?

実はいじめは適切なカウンセリングを受けて、そのアドバイスを忠実にあなたが実行すればいじめは減少傾向に転じます。

今回は、カウンセリングで、どのようにいじめを解決していくのかについてお話しします。

1.カウンセリングでなぜいじめ解決に?

1-1.子供がいじめられる理由とは?

そもそも子供がいじめられる理由とは何なのでしょうか?実際にいじめを受けている当事者になるとなかなか感じることはできませんが、いじめられやすい性格などというものは実際にあります。

例えば、思ったことを正直に伝えることができなかったり、周りに流されやすかったりするタイプです。

このようなタイプの子供はいじめっ子に反撃できなかったり、いじめられてもあまり嫌がるそぶりをしないため、さらにいじめられやすいという負のスパイラルに陥ってしまいます。

必ずしもいじめられやすい性格が直接いじめられる原因ではないこともありますが、いじめられる一因としてこれらが関係している可能性が大いにあるということです。

1-2.いじめられやすい性格は何が原因なのか?

先ほどもお伝えした、いじめられやすい性格は子供の責任なのでしょうか?お子様の性格は親から来ているものなのです。

子供は親の鏡なのです。

仮に親がいじめられやすい性格を持っていたとすると、子供もいじめられやすい性格になりやすいのです。

例えば、あなたが優柔不断だったり、頼まれたものを断ることができない性格、またはいつもネガティブ思考で自信を全く持つことができていなかったりという人だとしましょう。

その場合、子供もあなたと同じような性格になるのは当然のことでしょう。あなたがネガティブなことばかりを発言しているにも関わらず、あなたの子供がポジティブ思考ができるという場合はごく稀でしょう。

だからこそ、子供の性格はあなたに影響されやすいということです。

1-3.子供の性格が変わればいじめはなくなる

このようにいじめられやすい子供の特徴として子供の性格(=親の性格)が挙げられます。ということは、子供の性格をいじめられないような性格に変えてしまえば、いじめは減少していきます。

子供の性格は一夕一朝で変わることができない為、いじめがすぐになくなるということはありません。しかし、子供の性格が徐々に変わっていけば、それに伴って当然のことながらいじめも減少していきます。

そして、最終的にいじめがなくなるのです。

1-4.子供のいじめをなくすためには親が変わる

子供のいじめをなくすためには親が変わる必要があります。子供の性格を変えるためには親であるあなた自身の性格を変えていく必要があります。

しかし、あなたは果たしていじめられやすい性格なのかどうか、仮にいじめられやすい性格なのであればどのように変われば良いのか?ということは全く分からないと思います。

そこでカウンセリングが必要になるのです。カウンセリングを受けることで、どのような性格なのか、これからどう変わるべきなのか?ということが分かるようになります。

そして、あなたの性格を良い方向に変えていくワークショップを何度も行うことで、次第にあなたの性格が変わっていくのです。最終的に、あなたの性格が変わり、子供の性格も変わり、ついにいじめがなくなるのです。

2.カウンセリングでいじめられない性格になるためには?

2-1.カウンセリングでいじめられない性格を知る

まずはカウンセリングを受けて、どのようなことがいじめられやすい性格なのかを知るということが非常に重要です。そして、どのようにすればいじめられにくい性格になるのか?ということを理解することが大切です。

カウンセリングは毎日毎日受けることができないものです。しかし、どのようにすれば性格を変えることができるのか?ということを知ることができれば、カウンセリングを受けることができない時間や日でも毎日トレーニングをして、性格を変えることができるようになります。

2-2.カウンセリング外でいじめられない性格になるトレーニングを

どのカウンセラーでも同じということではありませんが、最低限当ブログで提供している「いじめ解消プログラム」ではいじめられない性格になる方法をそれぞれの相談者様に合わせた形で直接お伝えしています。

これはカウンセラーがいなくても実践することができる方法となっていますので、実際にカウンセリングがない時でも自らトレーニングすることができるのです。

2-3.いじめられにくい性格になるトレーニングとは?

いじめを受けにくい性格の本質をお伝えすると、自己肯定感が高い人なのです。ですから、自己肯定感をあげるトレーニングを基本的にお伝えするようにしています。

実際に一例をご紹介します。

まずは直近で落ち込んでしまった時のことを思い出してみてください。目を閉じて、その時の状況を詳細に思い浮かべてみます。

そして、その当時の自分を思い浮かべたまま、もう一人の今の自分として当時の自分に声をかけてみてください。どのような声をかけてあげますか?

おそらく、あなたは元気になるようなポジティブな声をかけるでしょう。この声かけを普段の自分の心の中で常に行うことができるように、毎日このようなワークを繰り返すのです。

1週間も続ければあなたはポジティブ思考になり、自信を持って生活することができるようになるでしょう。

3.いじめに対応するカウンセラーの見つけ方とは?

このようにカウンセリングをあなた自身が受けることで、子供のいじめは無くなっていきます。しかし、このようにあなたに向き合ってくれるカウンセラーを見つけるのは至難の技です。

ここでは一般論としてお伝えします。

3-1.スクールカウンセラー

非常に王道ではありますが、スクールカウンセラーの方にまずは親子で相談してみましょう。スクールカウンセラーは不登校やいじめ問題の相談を数多く受け付けてきていますので、あなたの持っている課題にはぴったりのプロです。

また日本の場合、ほとんどの学校にスクールカウンセラーが配属されているため、無料で相談に乗ってもらうことができます。

3-2.いじめ問題に強いカウンセラー

カウンセリングというと、病院の精神科にいる臨床心理士や一般のカウンセラーを想像するでしょう。しかしカウンセラーであれば誰でも良いとは限りません。

カウンセラーの中でもそれぞれに専門分野を持っていますので、いじめの対応経験が多いカウンセラーを選ぶことが重要です。

これらはカウンセラーの方のプロフィールに載っていることが多いですので、プロフィール文を見て判断することができます。

3-3.当ブログが提供するいじめ解消プログラム

今回お伝えしたカウンセリング手法は非常に特殊な方法で行われています。通常、カウンセリングというとあなたの話をカウンセラーの方が聞いて、情報を整理するだけに留まります。

しかしそれだけではいじめ解決につながらないことを理解しているため、いじめ解決に直結するカウンセリング手法を採用している当ブログで提供している「いじめ解消プログラム」の内容を元に執筆しています。

ですから、通常のカウンセラーの方が今回のようなカウンセリングを必ずしも行うことができるとは限りません。そのため、今回のようにカウンセリングを通していじめ解決を望む方にはこちらのいじめ解消プログラムをオススメしています。

通常のカウンセリングよりも料金は高いですが、話を整理するだけのカウンセリングではなく、いじめの根本的な解決を促すためのプログラムです。

一度受けていただければ、一生いじめと無縁の生活を送ることができると言っても過言でないほどの内容となっていますので、もし興味があれば一度プログラム内容に目を通していただければと思います。

4.まとめ

このようにいじめは子供の責任、子供の行動が原因、環境の問題と考えられがちですが、実は子供が育ってきた環境にも要因がある可能性が高いのです。

子供の人間関係を直接的に変えることは非常に難しいですが、あなたが作り出す子供のための環境を変えることはできるのです。

まずは子供がいじめられにくい性格にするために、あなた自身の性格を少しずつで良いので、変えていきませんか?

そうするとあと3ヶ月には今のいじめの状況とは一転した明るい未来を見ることができるでしょう。