1.いじめドクターとは?

いじめドクターは、数々のいじめ相談を受けてきたいじめ問題に精通したいじめ専門家によって運営されています。

いじめドクターの活動内容

  • いじめの解決に役立つ各種情報の発信
  • いじめ解決プログラムの提供

それぞれの活動について、私たちの考えを少しお話をさせていただきます。

各種情報の発信

いじめられている人の気持ちは、いじめられたことがある人にしかわかりません。

例えばあなた(親御様)がお子様の気持ちを理解してあげようとしても、どうしても腑に落ちないことや、どうしても共感できないことはありませんでしょうか。

なぜ、このようなギャップが生じるのか?

それは、大人は自分の経験からいじめの解決策を検討し、お子様に提案するからです。
大人と子供の経験には大きな差があります。
大人が当たり前にできること(しなければならないこと)も、子供にとってはとても大変でとても勇気が要るものなのです。

また、大人と子供の世界にも大きな差があります。
大人には会社の同僚がいて、趣味の仲間がいて、同郷の友だちがいますが、子供には学校のクラスメートしかいません。
子供にとっては、学校(と家庭)がすべてなのです。

だから、あなたは、子供の目線でいじめの解決策を検討しなければなりません。
お子様の目線に立たなければ、壁や溝を作り出し、お子様をより孤立させてしまうケースもあるくらいです。

しかし、子供の目線に立つということは、思っているほど簡単なことではありません。
前記の通り、あなたには数十年生きてきた経験が染みついているからです。

いじめドクターが発信する各種情報は、「いじめられたことがある人」もしくは「様々ないじめ相談に立ち会ったことがある人」が発信しています。
当然のことながら、当ブログに掲載されている記事はすべて上記の経験を持ついじめ専門家が執筆しています。

当ブログの記事が、お子様の気持ちを理解する、また、お子様目線でのいじめ解決策を検討する指針になれば幸いです。

いじめ解決プログラム

いじめドクターの発起人である高橋も中学時代にいじめを受けてしました(このページ末筆にて自己紹介をさせていただいております)。

「子供の喧嘩に親が出しゃばるべきではない」という親御様もいるでしょう。
……私たちもそのように思います。学校は集団生活の経験するところであり、喧嘩やストレスによって受けた負荷を、自分の中で消化することで成長する部分もあるからです。

しかし、極度のいじめを受けてしまう場合、子供自身でうまく対応ができないのです。いじめの発端は様々な要因が複雑に絡み合っていますが、大抵の場合、子供の言動や性格の問題です。

言ってしまえば、子供の普段の生活態度を見直すだけで、いじめられる可能性は一気に下がりますし、いじめられなくなります。

いじめを受けやすい子供、いじめをしやすい子供それぞれに共通の特徴があります。それは「自己肯定感が低いこと」です。いじめをする子供を変えることはできなくても、実際にいじめを受けているあなたの子供を変えることはできます。

自己肯定感を上げることで、自分に自信が付き、相手に本心を伝えることができる。これこそが子供の世界に従ったいじめの解決法なのです。

「ウチの子供は弱いから相手に言い返したり、自信をつけたりできない」

と思うかもしれません。しかしその考え方をしているあなた自身、いじめられやすい性格なのです。「子は親の鏡」という言葉があるように、あなたがいじめられやすい言動や考え方をしていることが理由で、子供がいじめられてしまうのです。

いじめ解決プログラムでは、まずは親が行動を改めることを推奨しています。親が変われば子供も変わります。子供にとやかく言う前に、まずはあなたがいじめられにくい人に変わってください。

非常に厳しい言葉であることは重々承知しています。しかし、子供のいじめを解決したいのであれば、これくらい本気で取り組む必要があるのです。

私たちは本気です。あなたも本気になっていじめ解決に取り組むことで必ず明るい未来を手に入れることができます。

ぜひ一緒に頑張りましょう。

2.利用料金

いじめ専門家との面談

いじめ専門家とまずは簡単に相談がしたいという方に向けたプランです。現状に対して、どのように対応すれば良いかなど的確なアドバイスを行います。

面談料:5,000円(税別)

※初回面談は90分となっております。

いじめ解消プログラム

いじめ専門家と約3ヶ月間、親子でいじめ解決に取り組むプログラムになっております。先ほど、プログラム内容でもご紹介した通り、子供の自己肯定感を上げていくために家族一団となって本気で取り組みます。

本気で取り組むからこそ、子供が満足する結果を出すことができています。

料金:198,000円(税別)/全5回のセッション

ご相談はこちら

3.いじめドクター発起人 ご挨拶

初めまして。いじめドクター発起人の高橋拓真と申します。私は中学生の時にいじめられていました。その時のことを少しお話しさせていただきます。

中学生になった私は、とてもウキウキした気分でした。
新しい友達、新しい授業、新しい場所、すべてが新鮮であり、部活は楽しい思い出のある卓球を選び、「中学校って楽しい!」と心の底から感じていました。
気持ちのよい人たちに囲まれ、中学校生活を謳歌していました。

……ところが、ある日、楽しかった中学校生活が一変しました。

突然、いじめられるようになったのです。
きっかけも原因もわかりません。理由もなく蹴られたり殴られたり、変なあだ名で呼ばれたり、悪口を言われるようになりました。
まさか自分がいじめの被害者になるなんて……頭が真っ白になりました。

いじめが始まった当初、私をいじめるのは卓球部に所属する特定の1人だけでした。他の部員たちは(今っぽく表現すれば)たまにイジってくる程度でした。
しかし、いじめを受け続けた私は、そのイジりさえも怖いと感じるようになっていったのです。
いじめを止めてくれる人は誰もいません。あれほど楽しいと感じていた中学校が正に地獄に変わりました。部活に行くことが怖くなり、5時間目…6時間目…と部活の時間が近づくにつれ、言葉では表現できないほどの恐怖とストレスが襲ってくるのです。

このような生活を3年生の夏休みまで続けました。卓球の県大会が終われば 3年生は引退なのです。そしてようやく引退し、残りの半年間はいじめとは無縁の生活を送ることができました。

卓球部に入っただけにも関わらず、中学校3年間のうち、2年半もいじめを受け続け、全くたのしいものではない、いわゆる棒に振った人生だったのです。

こんな人生を送ってほしくはないという一心で、現在はいじめ専門家として様々ないじめ解決に取り組んでいます。

このような苦悩を背負った人生を送らなくても良いようにするためにいじめ専門家がいるのです。子供に後悔する人生を送らせたくないという気持ちはあなたと同じなのです。

いじめがどれだけ辛いものかを知っているからこそ、あなたの子供の力になりたいと思っています。まずは一言、ご相談いただければ幸いです。

相談はこちらから