子供が学校でいじめられていて、様々な手立ては打ったが一向に解決の兆しを見せてくれない、という場合に、いじめ解決の最後の一手があります。それが「転校」です。転校と聞くと、公立中学校の場合、引越しをしなくてはいけないのではないか?と考えてしまうかもしれません。
しかしあまり知られていませんが、引越しをしなくても転校は可能なのです。

今回はいじめがなかなか解決しないあなたのために、最終手段である転校について詳しくお話ししていきます。



1.学区外への転校の2つの方法

1.家の転居

まずは一般的に知られている転校の方法が「家の住所を学区外にする」ということです。基本的に公立の中学校は、子供の住民票の住所を基に学区内の学校への入学を許可しています。

もし転校したいのであれば、住民票の住所を学区外の住所に変更すれば良いのです。どうやって住民票の住所を変更するかというと、学区外に賃貸住宅を借ります。そして子供の住民票の住所をその住宅にすれば、合法的に住民票の住所を変更することができます。

そして家族で引っ越して、そこから新しい学校に通うようにします。一般的ないじめっ子は転校まではしないので、普段顔をあわせることもなくなります。ですので多くのお子さんは、新しい学校に馴染んで楽しい学校生活を送ることができています。

2.校長と交渉をして転校する

2つ目は冒頭にもお話しした、あまり知られていない転校の方法です。今回は、こちらの方法を詳しく掘り下げて解説していきます。

簡単にいうと、教育委員会が公開している公式な文章の中の転校理由に従って、転校の手続きを取るという方法です。

この転校方法はあまり知られていないので、手順などわからない点が多々あります。それらを詳しく当記事でお話ししていきます。

2.転校の特例を使う

現在のあなたの居住地から、学区外の学校へ転校する場合にはいくつかの理由がなければ転校できません。「いくつかの理由」というものは平成9年に文部科学省が出している「通学区域制度の弾力的運用について」という文章に明確に表されています。その中でも特に注目していただきたい通達文がこちらです。

「就学すべき学校の指定の変更や区域外就学については、市町村教育委員会において、地理的な理由や身体的な理由、いじめの対応を理由とする場合の外、児童生徒等の具体的な事情に即して相当と認めるときは、保護者の申し立てにより、これを認めることができること」

 

要するに、いじめを理由に転校することができると書いてあるのです。これは当然ですが、学校側から転校を勧められるのではなく、あくまで保護者であるあなたが学校側に申し立てなければ転校することはできません。

ここからはどのような流れで転校することができるのかをお話ししていきます。

1.校長に転校について相談

「転校をすること」自体はとても良い解決策だと私自身、感じています。しかし転校には多大な労力が必要となります。転校を考える前に、学校側に様々な対策を打診しましたか?

学校側、特に校長にいじめが存在していること、そしてそれを解決したいとの旨を伝えましょう。しかし、伝えてもすべて解決するとは限りません。解決しない場合に、「いじめがなかなか解決しないようなので、転校を考えている」ということを伝えます。

2.教育委員会に連絡

校長に転校をしたいことを伝えると、通常であれば校長は教育委員会に連絡します。しかしいじめが原因で転校するというケースはなかなかないので、校長自体も対応のやり方がわからない場合もあります。それが故に教育委員会への連絡が遅くなることもあります。

ですから、教育委員会にも転校をしたい旨を伝えます。そうすることでスムーズな転校の手続きができるようになります。この際の伝え方はどのような方法でも良いですが、メールなどで

「〇〇中学校の××の母親です。この度いじめがなかなか解決しません。ですので◇◇中学校に転校を考えています。どのような手順で申し立てを行えばよろしいですか?」

といった文面で問い合わせをします。このメールだけで教育委員会にも「転校する人がいる」ということが伝わります。現時点で、校長と教育委員会の双方が「転校する人がいる」という認識を持つことができています。

3.校長は意見書を提出

校長は「生徒が転校すること」について「意見書」を教育委員会に提出しなければなりません。どのような事実があり、どのような理由で転校をするのか。その理由は転校にふさわしい最もたる理由なのか、ということを書いた意見書です。

もちろん教育委員会は学校内の事情を知る術はありませんから、その意見書を基に転校について考えていきます。教育委員会では校長から意見書を受託したのち、教育委員会内で会議をします。

ここでは基本的に転校を許可するかどうかという話し合いです。先ほどお話しした文部科学省が出した文章にはいじめを理由に転校できると書いてあるので、大抵の場合転校することが可能です。

4.転校の許可が下りる

許可が下りると、あなたのところへ転校可能という通知がきます。そして次の学期から転校をして別の学校へ通えるようになります。最初の時点でどの学校に転校したいかが決まっていない場合は、転校先の学校も決めなくてはなりません。

もちろん通い方は人さまざまです。車で通う人もいれば、電車やバス、自転車の生徒もいます。

3.教育委員会が転校を認めない

1.教委が転校を認める理由

教育委員会は基本的にいじめによる転校を認めます。いじめによる被害をこれ以上広げたくないからです。いじめられている人がいなくなれば、その人が自殺することもないでしょうし、マスコミに取り上げられることもないでしょう。

本来であれば、いじめている側を強制的に退学や転校処分にできたら良いのですが、現在の方針では保護者からの申立てがなければ転校できないので、当面の間は理不尽な制度は存在するでしょう。

2.教育委員会が転校を認めない理由

先ほどのように、良かれ悪かれ転校を認めてくれるのであればまだ良い方です。教育委員会が転校を認めない場合もあります。

転校をするには「いじめられている」ということが理由でなければなりません。転校を許可するということは、いじめの存在を教育委員会が認めているということです。

教育委員会の中には、いじめの事実を認めたくない人もいます。もしいじめを認めると、自分の地位が下がるかもしれない、上司からの目が怖いなどという自分の心配しかしない人がいます。そのような人が運悪くあなたの担当になってしまうと、大変です。まずはいじめを認めてもらう等ステップから交渉しなくてはなりません。

3.教育委員会にいじめを認めさせる

まずは、いじめを受けているという決定的な証拠から探していかなくてはなりません。一見難しそうに聞こえますが、教育委員会の担当者にいじめの存在を認めさせることは簡単です。

あなたが証拠を探そうと本気になれば良いだけですから。探偵やあなたの足、友達などに協力してもらって、いじめ現場の動画や音声ファイル、写真などの決定的な証拠を1つでも提示できれば、相手はすぐにいじめを受けていることを認めるでしょう。

もしここで認めなければ、いじめられているという事実を隠そうとしたなどとして、逆に教育委員会の一員である自分の地位が危うくなる可能性が高まるからです。本当に都合の良い人間ですが、証拠の1つや2つで動いてくれると考えれば、まだ良い方だと考えていきましょう。

4.いじめが原因での転校は恥なのか

いじめが原因で転校することは、「いじめ」という世界から逃げているのではないか?そう思われる方がたくさんいらっしゃいます。しかし、「転校は逃げ」ではありません。ただの正当防衛なのです。

いじめている人にどれだけ言ってもいじめを止めることができないいじめっ子はたくさんいます。それにもかかわらず果敢に挑んでいくことは負け戦のようなものです。

私もそうでしたが、部活内で暴力や暴言を毎日のように吐いてくる人と一緒にいるだけで鬱になってしまいそうでした。その時は「転校」という言葉まで頭が回っていませんでしたが、転校できたならば中学の半分の時間はもう少し笑顔でいれたのではないかなと思います。

いじめっ子はお子様の笑顔がなくなってもいじめ続けます。しかし笑顔を奪われる道から脱出することはできます。その脱出手段として「転校」があります。ですから転校は全く「逃げ」の行為ではありません。笑顔を守るための手段なのです!