こんなお悩み抱えていませんか?



叩かれたり、蹴られたりしている


悪口を言われている


仲の良かった友達から仲間外れにされている


話しかけても無視されている

そのいじめ解決できます!

的確ないじめ解決策が分かれば、スピーディーにいじめ解決が可能になります!

適切ないじめ解決策を専門家に教えてもらうことで、数多くのお子様のいじめが解決しています!

あなたの子どもの解決策も分かれば、いじめ解決は目前です!


匿名可能

住所の入力は不要ですので、誰でも安心してお気軽にご利用いただけます。

診断・相談は無料

最短でお申し込み当日に、専門家から適切ないじめ解決策を教えてもらうことができます。

いじめ解決可能

解決策を手に入れた後に、いじめドクターに依頼することで、いじめ解決までのサポートを受けることができます。

実際にこんな

いじめ解決策がわかります!


注意してもいじめ続けてくる相手への対処法

現状

小学1年生の頃から、「やめて!」と言っているにもかかわらず、顔や背中を叩いたり蹴ったりしてくる。

解決策

「やめて!」と言い返すことに対する効果は低いため、周りの人が「やめてあげなよ」という風に注意してもらえる環境を整えることが重要。

そのために、周りの友達に、「いじめられた時に注意してほしい」と日頃から相談し、注意してくれる友達を増やしていくことが大切。

※詳しい方法についてはお問い合わせください。


嫌なあだ名を言わせない方法

現状

小学3年生の頃から、恥ずかしいあだ名をつけられ、その名前で呼ばれ、周りに笑われる。

解決策

いじめっ子の心理として、悪口を言った際の相手の反応を楽しむというものがあります。

そのため、言い返すのではなく「悪口に対して反応をしない」という行動は効果てきめんです。

まずは、何を言われても無視し続けるためのロールプレイングを親子で実践してみてください。


仲間外れへの対処法

現状

ある一人のボスの一声で、今まで仲良かった人達からも仲間外れをさせられるようになった。

解決策

今回は学校の規模が小さかったため、友達を新たに作るという方法を試していただき、次のステップとしてフリースクールをご提案しました。

また、学校外でのスポーツクラブなどで新たな友達を作り、必ずしも学校が全てではないことを伝えることも重要です。

仲間外れは大抵、時間が経てば解決することが多いため、「今は気にしない」というスタンスが最適です。

明るい未来が見えたと感謝の声がぞくぞく!

明日から何をすれば良いかわかりました!
いじめ解決方法を解説するブログを読んで、実際に解決策まで聞きましたが、本当に目からウロコでした。
本などで読んで理解したつもりでしたが、実際に私たちの状況に落とし込んで、行動ベースで考えることができていなかったことに気付かされました。
佐藤さんのおかげで、明日から何をしていけば良いかわかるようになりました。
本当にこの度はありがとうございました。

(中学生の息子様をお持ちのSさん)

素晴らしいアドバイスで息子も元気に!
昨日はお忙しい中 ご相談に乗っていただきありがとうございました m(__)m
非常に親子共に自信のたかまる時間を感謝しておりますm(__)m
昨日は元気になりましたが、まだ何があるかわかりません。
本当にこの度は色々な角度からのアドバイスとコーチングを親子共に教えていただき心から感謝しております。 m(__)m
心理カウンセラーの先生にもよろしくお伝えください! m(__)m
ありがとうございました m(__)m

(小学生の息子様をお持ちのTさん)

的確な解決策で納得しました!
いじめに気づくのが遅かったとずっと悔やんでいましたが、まずは気づくことができた自分を認めることから始めなければ、息子にも暗い気持ちが伝わってしまうと気付かされました。
また今後の方向性として、いじめそのものを無視したり、周りの友達にいじめられた時に注意してもらえるように動機付ける方法などを教えていただき、本当に納得しました。
何をすれば良いか分からない中で、的確なアドバイスと行動計画をありがとうございました!

(小学4年生の息子様をお持ちのYさん)

いじめ解決策を考える3つのステップ

子どものいじめ解決策を考えるためには、次の3つのステップを踏むことが重要です。

01いじめの状況を整理する
02いじめ解決のゴールを決める
03具体的な解決方法を考える

01いじめの状況を整理する

まずは次の4つの観点から、あなたの子どもの状況を客観的に整理することから始めていきます。

いじめの原因


いじめの原因

何が原因でいじめを受けているのか、本質を見抜きます。

加害者の性格


性格

加害者は何をすると怒るのか、何をするといじめを止めるのかなどを客観的に分析します。

学校の対応


学校

学校側はどこまで協力的なのか?お願い事を依頼することができる状況下どうかを判断します。

実行済みの対応策


性格

すでに何かいじめ解決のために動いた場合、その効果を分析し、次の解決策に生かします。

02いじめ解決のゴールを決める

いじめ解決と一口に言っても様々です。
あなたにとって、いじめ解決とはどのような状態のことですか?
いじめ解決後の理想


例えば・・・


学校に行ける

ストレスなく学校に楽しく行けるようになる

暴力がなくなる

暴力を振るわれなくなる

悪口を言われなくなる

バカにされたり悪口を言われたりしなくなる

相手と距離を取れるようになる

いじめ加害者と距離を取って接点をなくす

他にも様々なゴールが!
元通りの友達関係に戻る
ひとりぼっちにならないようになる
嫌な噂が流れないようになる
03具体的な解決方法を考える

次の解決手段が主な方法です。


無視する

無視することで、加害者があなたの子どもの反応を楽しめなくなり、いじめのターゲットから外れていきます。

注意してもらう

いじめを受けた際に、周りの友達に直接注意してもらうことで、その場の気まずさからいじめをやめるようになります。

言い返す

言い返すことで、加害者は罪悪感から、いじめをやめるようになります。


※あくまで一例で、他の方法もご提案しております。

あなたの理想に近づく、最適な方法は?

それがあなたの解決策です!

プロが教えるあなたの解決策!

過去8年間、話を聞くだけのいじめ相談ではなく、具体的なアドバイスをしてきたからこそ、悪口や暴力、発達障がいによるいじめなど何十人ものお子様のいじめを解決してきました。


いじめ解決専門カウンセラー 佐藤 城人


経歴

一般社団法人インナークリエイティブセラピスト協会 代表理事/就労支援移行施設「ZUTTO」 心理カウンセラー/4,800人を超えるカウンセラー専門Facebookグループ主催/カウンセラー養成講座 主宰/各種セミナー主宰(前世療法/インナーチャイルドセラピー/気功&レイキ体操/各種NLPスキル講座/カラー&アートセラピー/コミュニケーションスキル講座) など

メディアでも注目されています!

いじめドクターは各種メディアにて紹介されたり、いじめ専門家としてコメント取材されたりしています。


じつは多くの親御様が悩んでいます!

毎日17分に1人のお申し込みがあります!

料金について

5日間メール講座にご登録いただいたあなたに、特別価格で解決策をお伝えします!

  • いじめ解決アドバイス

    通常19,800円

    限定特別価格!

    14,800円

    45分のオンライン電話にて、いじめ専門家から適切ないじめ解決策を教えてもらうことができます。

    ※当キャンペーンは予告なく終了する可能性がございます。

いじめ解決までの流れ

  • STEP.01お申し込み
    いじめ解決アドバイスをまずはお申し込みください。
  • STEP.02日程調整
    45分のオンライン電話を受ける日程を電話もしくはメールにて調整します。
  • STEP.03解決策を手に入れる
    オンライン電話のzoomにて、いじめ専門家に現状を伝え、それを踏まえた適切な解決策を聞きます。

まずは今すぐ、いじめ解決策を手に入れましょう!

ご注意ください!


※本キャンペーンは予告なく終了する可能性がございます。
お早めにお申し込みください。


いますぐ解決策がわかる!

30秒でカンタン申し込み


こちらのフォームからお申し込みください。

いじめの状況
お名前(ニックネーム可)
必須メールアドレス
必須電話番号




よくあるご質問

Qいじめ解決アドバイスに申し込むと、しつこい営業などはありませんか?
Aサービスの提供に必要なご連絡のみ行い、しつこい営業はいたしません。また、個人情報の訂正や削除、連絡の停止をご希望の場合は問い合わせフォームからご連絡いただければ速やかに対応いたします。
Qいじめ解決策を教えていただいた後に、継続的にサポートをしていただくことはできますか?
Aお伝えするいじめ解決策をもとに、解決に向けた継続的なサポートも承っております。詳細については、いじめ解決策をお伝えするお電話、もしくは問い合わせフォームよりご相談ください。

いじめ相談するべきか悩んでいませんか?

多くの方がいじめ相談をするべきか悩んでいます。
しかし、いじめ解決はできるだけ早い方が良いに決まっています。


「これはいじり…?」


そう感じた瞬間に行動する必要があります。いじめ解決に早すぎるということはありません。
まずはどのようにいじめを防ぐべきか、解決していくべきかをご確認ください。