このページは、「いじめられている子供のために、親ができることはないか?」と悩んでいる親御様向けのページです。
『いじめられ思考改善プログラム』では、全6回のセッション(カウンセリング)を通して、親が子供のカウンセラーになる方法も学ぶことができます。
※『いじめられ思考改善プログラム』は、親と子供、または、親だけ、でお受けいただけます。

いじめに悩んでいるお子様へいじめを1人で解決することはとても難しいです。お父さんやお母さんにこのページを見せたりして相談してみてください。

01いじめの解決には親子で取り組みます

親として無力感を感じることはありませんか?

誰に相談しても取り合ってもらえない

加害者から謝られたが、改善しない

学校がいじめを認めない

相談しても「様子を見ましょう」と言われる

いじめられる側が悪いと言われる

学校は加害者をかばうばかりで何もしない

親だからこそ、お子様の最高のカウンセラーになれます

いじめを、お子様だけでは解決することはとても難しいです。しかし、親の独り相撲で解決することも難しいです。
親子二人三脚で、ある程度の時間をかけて、その場しのぎではない解決をしなければなりません。

そのためには、まずは親が変わる必要があると私たちは考えています。
子供への接し方、子供への話し方、子供への関わり方、今のままではお子様の思考を改善することができないからです。


子供との対話を増やす

親子の対話を増やすことで、子供に安心感と自信を与え、鬱や不登校になることを回避します。


否定せずに褒める

子供の話を否定せずに褒めることで、自己肯定感を高め、いじめの対象から外れるようにします。


行動を振り返る

いじめへの対処法を振り返り、ブラッシュアップすることで、いじめ解決の糸口を見つけます。

……「そんなのいつもやってるよ」と感じるかもしれませんが、それは、“やっているつもり”になっているだけです。

  • どんな対話(会話)をしていますか?
  • どんな言葉で褒めていますか?
  • どんな方法で日々を振り返っていますか?

形式だけのコミュニケーションは、子供にとっても白々しく、思考改善どころか親子関係を悪化させてしまう可能性すらあります。

02具体的な行動(コミュニケーション)方法を学びましょう

『いじめられ思考改善プログラム』では、子供への接し方、話し方、関わり方など、プロの【カウンセリング術】を学ぶことができます。
全6回のプログラムを通して学ぶことができる【カウンセリング術】は大きく6つに分類できます。

いじめられ思考改善プログラム

親が子供のカウンセラーなるために必要な6つの【カウンセリング術】についてもう少し詳しく説明していきます。

1.自己肯定感を上げる

いじめられ思考改善プログラム
日々の対話の中には、子供の自己肯定感を下げてしまうものがあります。
「自己肯定感が低い=いじめら思考が強い」と言えますから、自己肯定感を高めるための発言や対話の技術を学びます。

自己肯定感を下げる発言
悪い点数を取ったら絶対にダメだよ!

自己肯定感を上げる発言
これだけ勉強したんだから、〇〇君ならできるよ。頑張って!

2.いじめられた時の対処法

いじめられ思考改善プログラム

いじめを受けたときに心でどう受けとめるか?どう対処するか?は、いじめを解決できるかどうかを決めるとても大切なポイントです。

「いじめ」というデリケートな話題に対して、子供の自尊心を傷つけない好ましい対処技術を学びます。

3.いじめとの向き合い方

いじめられ思考改善プログラム

いじめを受けると「自分の人生はいじめしかない」と考えてしまう傾向があります。

いじめは風邪ウイルスのように、人間に押しかける様々なストレスの中の1つでしかありません。しかし、子供にとって、例えば学校など限られた狭い世界でのウイルスは猛威となります。


親視点と子供視点それぞれから、そのウイルスへの免疫を作り出す技術を学びます。

4.お子様のカウンセラーになる

いじめられ思考改善プログラム

いじめを受けた子供の精神状態は非常に不安定になります。そして、不安定な状態が続けば続くほど、いじめはエスカレートしていきます。

プロのカウンセラーに、毎日、心のケアをしてもらうことも現実的ではありません。そのため、親が子供の専属カウンセラーにならなければならないのです。
日々、子供の精神状態を安定させるための対話技術を学びます。

5.ストレスから解放される術

いじめられ思考改善プログラム

いじめ解決にはある程度の時間がかかります。その間、子供へのストレスは避けられず、鬱や不登校、精神疾患、自傷行為に陥る可能性もあります。

このような事態を避けられるかどうかは、専属カウンセラーであるべき親の心や技術にかかっているため、子供が受けたストレスを上手に発散(または軽減)する対話技術を学びます。

6.周囲の人と協力していじめ解決

いじめられ思考改善プログラム
いじめは、子供だけ、または、親だけで解決できるものではありません。また、親子だけでの解決にもある程度の時間がかかります。
学校やPTA、他の保護者と協力することで短期間で解決できるケースもあります。

親が、周囲をどのように巻き込んでいくか?、現実的に実践できる味方にする技術を学びます。

03カウンセラーの先生、佐藤城人先生の紹介

いじめドクター運営者の高橋から一言

ここまでお読みいただきありがとうございます。いじめドクター運営者の高橋です。


この『いじめられ思考改善プログラム』を作り上げるにあたり、多くのカウンセラーの方と面談しました。どのカウンセラーにこのプログラムを託すか?悩みに悩んだからです。


その中で、佐藤城人(さとう しろと)さんは、一般社団法人インナークリエイティブセラピスト協会の代表理事を務め、カウンセラーの育成に尽力しています。まさに、カウンセラーを育成する先生であり、親御様がお子様の専属カウンセラーに成長するお手伝いをするには最適であると判断しました。


また、アメリカ発のコーチングの技術も磨いてきたため、いじめられない思考を身に付けさせる正しい方法を確実に身につけることができるようなサポートも行います。

佐藤城人(さとう しろと)先生から一言

いじめられ思考改善プログラム

いじめを受けているお子様の精神面をサポートするためのカウンセリングと、いじめられない思考を身につけるという目標を達成するためのコーチングを組み合わせてサポートさせていただきます。

そしてお子様の気持ちを最優先に、いじめ解決の方法を一緒に考えて、実践していきましょう。


佐藤城人先生の経歴

一般社団法人インナークリエイティブセラピスト協会 代表理事/就労支援移行施設「ZUTTO」 心理カウンセラー/カウンセラー養成講座 主宰/各種セミナー主宰(前世療法/インナーチャイルドセラピー/気功&レイキ体操/各種NLPスキル講座/カラー&アートセラピー/コミュニケーションスキル講座) など

04プログラム受講者からのご意見

正しい方法でいじめと向き合えるようになりました
私は子どもたちの自然体験を主催するNPO団体のスタッフです。
よくお母さんから いじめに関して相談されることがあり、今回参加しました。 最近の子どもたちを見ていると、すべてが用意され満たされていて、自分で考え、気持ちを表現し、行動していくことが苦手な子どもが増えているように思います。
この「いじめられ思考改善プログラム」は、プログラムが面倒だと感じることなく、気がつくと山を登るなどの自然体験と同じように、いじめに対して自分がどのように向かい合っていくのかを一つ一つ考えて、 自分の気持ちを表現し、いじめ解決に向けて実行していけるようなプログラムだなと感じました。

(H.Mさんー体験プログラム受講)

子供がいじめられる原因が分かりました!
息子と一緒に参加する必要があると思っていたのですが、母親一人でも良いとのことだったので、一人で参加させていただきました。
いじめで苦しんでいる息子の気持を理解したくて参加したのですが、講座の中で私自身の気持ちを見ているうちに、私の幼い頃の消化されていない気持ちが出てきて、その気持ちを受け入れられたことで、私自身がすごく癒されました。
改めて、息子の気持ちもちゃんと聞いてあげたいと思いました。

(K.Kさんー体験プログラム受講)

子供も納得する形でのいじめ解決方法が分かりました
本日、「いじめられ思考改善プログラム」に参加しました。
参加するまでは、カウンセリングに対し、堅苦しいイメージを持っていましたが、テキストに添って進めていただいたので、90分があっという間でした。もちろん、不安や緊張はありませんでした。
以前、いじめられていることが分かった時、どういうことが起こっているのか、子どもに上手く聞いてあげることができていませんでした。実際に今回、絵が描いてあるカードを活用したワークを受けてみて、「いじめからどうやったら助けてあげられるのか」「辛いだろうな」と考えることはあっても、本人が「どんな気持ちなのか」をちゃんと聞いてあげることが出来ていなかったことに気づきました。
今日使ったカードのワークで本人の気持ちを聞いてあげたいと思いました。親である私には話にくくても、間接的になら話してくれそうです。
いじめられない思考を持つための、そしていじめから解放されるための方法や考え方を教えていただき、本当に感謝です。

(I.Mさん)

子供も納得するいじめ解決策が分かりました!
私が子供にプレッシャーを与え続けることがいけなかったのだと気づいて、褒めるようにしたところ、子供から普段の出来事だけでなく、いじめについても積極的に話してくれるようになりました。そして、今は少しずつですが、解決できるように行動しています。

(O.Mさん)

いじめに落ち着いて対処できるように
カウンセリングのやり方が分かって、毎日子供のカウンセラー役になっています。すると、今までよりも落ち着くようになり、親である私も息子も冷静にいじめと向き合うことができるようになっています。

(I.Mさん)

子供のいじめの原因は実は私でした
自分を客観的に見ることができるようになって、親がいじめ解決に注力しすぎたことが逆にいじめをエスカレートさせていたことに気づきました。今は子供も納得する形で、別の方法でいじめ解決ができるようにアプローチしています。

(T.Kさん)

05『いじめられ思考改善プログラム』 お申し込みから実施の流れ

1.まずは、個別説明をお申し込みください

STEP1 個別説明の申し込み

いじめられ思考改善プログラム
すべての相談者様に個別説明をお受けいただいています。
このページの下方にあるお申し込みフォームにご入力ください。
※スマホからもお申し込みいただけます。
※個別説明はご相談をお受けするものではなく、『いじめられ思考改善プログラム』の内容などについてご説明するものです。


STEP2 個別説明の実施

いじめられ思考改善プログラム
ビデオ通話(ZoomまたはGoogle meet)での実施となります。
個別説明お申し込み後にメールで「実施日時」と「参加URL」をお知らせしますので、実施日時にアクセスしてください。
※スマホからも接続可能ですがパソコンを推奨しています。

2.本プログラム『いじめられ思考改善プログラム』をお申し込みください

STEP3 本プログラムの申し込み

いじめられ思考改善プログラム
個別説明を実施した後に本プログラムにお申し込みいただけます。
個別説明時であれば佐藤城人先生に、個別説明後であればいじめドクター宛にメールまたは電話でご連絡ください。
※本プログラムは全6回ですが、「体験プログラム(第1回のみを別料金でご提供)」もご用意しています。


STEP4 本プログラムの実施

いじめられ思考改善プログラム
ビデオ通話(ZoomまたはGoogle meet)での実施となります。
本プログラムは全6回構成(第1回:90分/第2~6回:各60分)です。
※受講時に次回の日程を調整する進め方ですが、2週間に1回くらいのペースを推奨しています。

06料金のご案内

『いじめられ思考改善プログラム』に関する料金は次の通りです。
「①個別説明」後、「②本プログラム」または「③体験プログラム」にお進みいただきます。

①個別説明

無料

全1回

30

個別説明はすべての相談者様にお受けいただきます。

※ご相談をお受けするものではなく、プログラムの内容についてご説明するものです。

②本プログラム

98,000円 (税別)

全6回

第1回 90分/2~6回 各60分

全6回のプログラムを通して子どもの自己肯定感を育てる、親子参加型のカウンセリングです。

体験プログラム

5,000円 (税別)

全1回

90

本プログラムの第1回を特別価格にてお試しいただけます。

※体験プログラム後に本プログラムをお申し込みの場合、第2回からの受講になります。

07個別説明のお申し込みフォームはこちら

この申込フォームはチャット形式です。
各質問への回答を下段の入力窓に入力して、「OK」を押して進めてください。

08最後に、いじめドクター運営者の高橋から皆さまへ

いじめられ思考改善プログラム

なぜ今、いじめられない思考が必要なのか?

いじめドクター運営者の高橋です。
いじめドクターを創設した私ですが、小学校、中学校といじめを受けていました。
(いじめドクターは、元いじめられっ子が運営しているサイトなのです)

小学生時代は、嫌なあだ名を付けられたり、ウソの噂を流されたり、嫌がらせを受ける毎日でした。
中学校時代は、暴言だけでなく暴力も受けるようになりました。
なにより、私自身が「自分はいじめられる存在なのだ」と決めつけ、自分を納得させ、自信を失っていました。

しかし幸いなことに、高校で恩師に出会うことができました。
自信を失い、半ば自暴自棄になっていた私に対して、自信を取り戻すことができる接し方をしてくれました。
結果、私は周囲が見違えるほどの明るい性格になったのです。
それ以降いじめを受けることがなくなったことはもちろん、地元(岡山)からは珍しく東京の有名私立A大学に合格したため、学校中から一目置かれる存在にもなりました。

ただ、これは偶然です。
自信を取り戻すことができる接し方をしてくれる恩師に出会えなかったら?と考えると、正直、ぞっとします。
私はいじめられる負のループから抜け出すことができましたが、そうでない場合がほとんどであることを、身をもって知っているからです。

いじめから抜け出せるかどうかは、身近な人の接し方に左右されます。
具体的には「自己肯定感を上げること」であり、私たちが提供している『いじめられ思考改善プログラム』では、自己肯定感を高めることに注力しています。

子供だけでこの力を身につけることは不可能であり、親御様の存在や協力が不可欠です。
少し厳しい言い方をさせていただけるなら、いじめから抜け出すための糸口を作るのは親の務めです。

どうか、お子様をいじめられる負のループから引っ張り上げてあげてください。
ひとりでも多くのお子様を救いたい私からのお願いです。

いじめドクター運営責任者 高橋拓真

>> 個別説明の申し込みフォームに戻る

09よくあるご質問

Q1
どのような人がプログラムの講師ですか?
過去に何十件ものいじめ相談を受け、その度にカウンセリングとアメリカで最先端のNLPコーチングの手法を用いて、数多くのいじめを解決してきた専門家です。

Q2
オンラインでも対応していますか?
いじめられ思考改善プログラムは全てオンラインにて行なっておりますのでご安心ください。

Q3
いじめられ思考改善プログラムを受ければいじめは解決しますか?
当プログラムを受けたからといって、いじめが解決する保証はできかねますが、いじめを少なくしたり、解決の方向に向かったりする事例は多数ございます。
また、あなたとお子様の思考をいじめられないように変化させるため、長期的に見て、今までよりもいじめを受ける可能性は下がる可能性が高いです。

Q4
支払い方法は何がありますか?
お支払い方法はクレジットカード決済と銀行振込の2種類をご用意しております。

Q5
必ず親子で受ける必要はありますか?
必ずしも親子で受けていただく必要はありません。お子様のみ、もしくは親御様のみでも対応できます。それぞれに合わせた形でプログラムを進めていきますので、ご安心ください。

>> 個別説明の申し込みフォームに戻る